SEOは中古ドメインで完全勝利!

中古ドメインを利用してSEO対策を行い完全勝利に成功した男性

SEOをやるならやっぱり!中古ドメイン!自分の好きな文字列でルートドメインを決めれる新規ドメインもいいですが、SEO対策にはやっぱり中古ドメインがおすすめです。

中古ドメインはSEO的にグーグルに評価されやすい

新規サイトを立ち上げる際に、新規ドメインか中古ドメインのどちらで運用するか迷われる方も多いでしょう。しかし、SEO的な面で言えば、中古ドメインは新規ドメインを圧倒しています。
中古ドメインとは、一年ごとの更新を見送り、放棄されたもの。つまり、最低でも一年間は運用歴があるということです。SEOの肝である、Googleの検索エンジンはユーザーが検索した際に最適解を上位に表示するようプログラムされているのですが、信頼できるサイト=運用歴がある程度長いサイトという傾向にあります。すなわち、新規ドメインを使用したサイトよりも老舗なので信用度が高い、と判断される訳です。
また、新規ドメインは検索エンジンに認知(クロール)されなければならず、見つかっていない期間(運用1~3ヶ月)は顔を覚えてもらう期間となるため、いくら優良な情報を提供しているサイトであっても、認知されるまでは正当な評価を受けることができず、検索順位もなかなか上昇しません。しかし、中古ドメインの場合は始めからクロールに使われる期間が経過しているため、運用をはじめていきなり高評価・高順位となりうる可能性を秘めています。最初から正当な評価を受けられる、というのは大きなメリットなのです。
これまで述べてきたメリットは通常の並のランクの中古ドメインに限った話で、それまでのサイトが高ランクページであったり、被リンク数が多いサイトを運用していた場合、その中古ドメインのSEO対策においての効果は計り知れません。それまで受けていた評価が高ければ高いほど、受け継いだ時のサイトの評価もグンと高まるので、その分評価の高い中古ドメインは価格が上昇してしまう、という訳です。