中古ドメインを利用してSEO対策を行い完全勝利に成功した男性

SEOをやるならやっぱり!中古ドメイン!自分の好きな文字列でルートドメインを決めれる新規ドメインもいいですが、SEO対策にはやっぱり中古ドメインがおすすめです。

中古ドメインで中古ドメインのSEOをした場合の効果

新規ドメインよりも中古ドメインがSEOの面で優れているという理由は、一体どの要素によるものでしょうか。
まず、中古ドメインそのものの運用歴が挙げられます。本来、中古ドメインとは、「一年ごとの更新期間内に更新されず、放棄されたドメイン」を指します。つまり、少なくとも一年以上は運用されていたということになりますから、その時点で、Googleなどの検索エンジンからは「ある程度の期間運用していた」と判断され、長い期間運用している=信頼のおけるサイトと解釈され、結果検索順位が上がるという仕組みです。また、そもそも新規ドメインではじめた場合、新規サイトがクロール(認識)・インデックスをされる期間まで一定期間時間が必要ですが、既に認識されている状態からスタートする中古ドメインは、そういった意味でも早く認知・検索結果表示されやすく、その結果加速度的に順位が上がるという仕組みになっています。
そして、大事な要素として、以前の所有者のサイトが高ページランクであった場合、その評価も中古ドメインに引き継がれます。すなわち、中古ドメインを購入した新規サイトにもその恩恵が受け継がれるということ。また、そのドメインについていた被リンクに関しても、そのまま引き継ぐことができるのです。そういった、多くの恩恵を受けることができるため、SEOの面で有利と言われているのです。
しかし、デメリットもあります。こういった恩恵を受けられる代わりに、その評価が以前の所有者のものであって、現所有者のサイトのものではない、と検索エンジンに判断されてしまった場合、突然検索結果の順位がガクンと下がり、結果アクセス数の暴落に繋がってしまうリスクも往々にしてあるため、注意が必要なのです。