中古ドメインを利用してSEO対策を行い完全勝利に成功した男性

SEOをやるならやっぱり!中古ドメイン!自分の好きな文字列でルートドメインを決めれる新規ドメインもいいですが、SEO対策にはやっぱり中古ドメインがおすすめです。

中古ドメインの注意点!オーサーとドコモメールの影響

中古ドメインはさまざまな情報を持つドメインです。しかも世界に1つしかないのでアルファベットの綴で探している場合は高値で取引されるケースも増えています。中古ドメインの価格はかなりの差が付きやすいのですが、従来のアルファベットの綴からドメインとしての価値に価格設定のポイントが変わってきています。中古ドメインの価値とは主にウェブサイトの評価とメールアドレスとしての古さです。ウェブサイトの価値は主として検索サイトで作られるインデックスで表されます。インデックスはウェブサイトに検索サイトのロボットが来て調査された結果であり、検索表示された場合の内容となります。検索サイトの評価はウェブサイトが無くなっても、オーサーが変わっても暫くの間変わらない場合が多く、中古ドメインでの価値となっています。たくさんのインデックスを持つ中古ドメインは価値が高く高価ですが、注意したいのはインデックスの中身です。キーワードやカテゴリがこれから適用するウェブサイトのコンテンツにあっていなければ評価を引き継げないケースが多くなっています。検索サイトの評価はあくまでもコンテンツの内容です。また、中古ドメインの価値としてメールアドレスの古さも重要視されてきています。メールアドレスについてはフィルタリング対応が難しくなっています。フィルタリングでは従来メールのブラックリストに載っていなければ問題なく通ることが多かったのですが、ドメインの古さをチェックする場合も増えており、特にドコモメールなどのキャリアメールでは新規ドメインはほどんどフィルタリングを突破できなくなっており、中古ドメインでキャリアメールを通る場合は高額となる場合が多いです。