中古ドメインを利用してSEO対策を行い完全勝利に成功した男性

SEOをやるならやっぱり!中古ドメイン!自分の好きな文字列でルートドメインを決めれる新規ドメインもいいですが、SEO対策にはやっぱり中古ドメインがおすすめです。

全角の中古ドメインとペナルティの関連性

中古ドメインを利用してアフェリエイターなどで一儲けをしたいと思う人もいますが、どのようなドメインがいいのかわからないという人もいます。
中にはペナルティを受けている中古ドメインもあるので、しっかり調べてから取得するといいでしょう。
比較的日本語ドメインを使用している中古ドメインなら、わかりやすいのでドメイン選びに失敗しないといえます。
日本語ドメイン名に使用できる文字は、全角のひろがなやカタカナ、漢字や仮名などです。
半角英数字や半角のハイフンも使用できるので、日本語ドメインを作る時は知っておくといいでしょう。
ドメインの更新期間は、ドメインの取得から1年と決まっていて、それを過ぎても同じドメインを使用したい場合は、更新料を払って使えます。
新規で購入したドメインよりも更新料の方が高い場合もあるので、更新料を払いたくない場合は、今まで使っていたドメインを放棄することになります。
その放棄したドメインが中古ドメインとなりますが、意図的なSEO対策をしたのでペナルティを受けてしまい手放すケースもあります。
ペナルティを受けている中古ドメインとは知らず、取得してしまう人もいますが、ペナルティを受けていると評価が低くなり検索エンジンのランキングも圏外になることもあります。
ペナルティを受けているか簡単に調べる方法は。検索エンジンで検索をしてみるといいでしょう。
検索して1位に表示されれば、ペナルティを受けていない中古ドメインといえます。
検索して2位以下に出てきた場合は、ペナルティを受けている可能性が強いので使用しない方が安全です。
アフェリエイトサイトやキャッシング関連、風俗関連やアダルトサイトなどの中古ドメインもペナルティを受けている可能性が高いので注意が必要です。